目元の悩み

目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

更新日:

目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

目の下に色素沈着ができてしまうと、毎日が憂うつですよね。

目の下の色素沈着をモロに出したまま外出する事はできないですから、どうしても化粧で隠しがち。

でもそれって非常に危険な行為なんですよ。

ここでは「目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメな理由」と、「適切な処置方法」について解説。

 

目の下に色素沈着ができる原因

目の下の色素沈着が起きてしまう原因をご存知ですか?

それは、刺激によりメラニンが生成してしまうからです。

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

刺激とはメイク時の摩擦や洗顔時の摩擦、さらには紫外線などを指し、それらがメラニンが生成してしまいます。

刺激によりメラニンが発生してしまう理由は、それは防御反応だからです。

メモ

「刺激を皮膚の奥まで通すまい」と防御反応としてメラニンが発生する。

メラニンには色素がついていますから、これが色素沈着となって残り続けてしまうのです。

 

 

なぜ目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメか

メイク工程が1つ増える

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

本題に戻りましょう。

色素沈着を化粧で隠す場合には、普段使っていなかったコンシーラーを使用するかと思います。

ですが、コンシーラーを使用する工程を1つ増やしてしまうことにより、さらに目の下に刺激を与えてしまい、ひどい色素沈着に発展してしまうこともあるからです。

 

濃いメイクは落ちにくい

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

それに、色素沈着を隠そうとすると、普段よりも濃い目のメイクになってしまいますよね。

濃いメイクをする時はさらに刺激が加わりますし、何よりメイク落としにも時間がかかってしまいます

濃くて落ちにくいメイクを落とす時には、ゴシゴシこすらないと落ちません。

ゴシゴシこすると刺激が加わってしまい、メラニンの生成を加速させてしまう原因に。

注意

  1. メイク工程が増えることによる刺激
  2. 落ちにくいメイクをゴシゴシする刺激

このようにメイクで目の下の色素沈着を隠そうとするとどんどんと深みにはまってしまうのです。

では、目の下の色素沈着ができてしまったらどのように処置していけばよいのでしょうか。

 

 

色素沈着を消す以外方法はない

目の下の色素沈着の原因は、皮膚そのものが茶色くなってしまっている事。
ですから、目の下の血行を良くしようとマッサージしたり、ホットアイマスクをして目の下のケアをしているつもりになっても全く意味がありません。

つまり皮膚そのものに色がついている色素沈着の場合は、色素沈着を消す以外方法がないのです。

色素沈着を消すと言っても方法は簡単

肌は約1ヶ月周期で新しく生まれ変わっています。
この周期を正常化すればよいだけの話です。。

要するに、皮膚の生まれ変わりサイクルを正してあげることで、色素が沈着している古い皮膚は垢となって排出されます。

このように目の下の色素沈着は消していくのです。

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

ポイント

あなたの色素沈着が治らない原因は、この皮膚の生まれ変わりサイクルが乱れている事により、なかなか新しい皮膚に生まれ変わらないからです。

 

 

どうやって目元の皮膚を綺麗にするべきか

ビタミンCを活用

これはさきほども言ったように、皮膚の生まれ変わりサイクルを正してあげることです。

具体的にその方法は、ビタミンCを活用する方法が一番効果的

ビタミンCの効果としては、傷を修復したり、それこそ肌の生まれ変わりサイクルを正す効果があります。

ただし、サプリメントや食事からビタミンCをとることはおすすめできません

たしかに、食事でビタミンCをとることは大切です。
それは体にとって重要なことであり、目の下の色素沈着にまでアプローチする事はできません。

注意

ビタミンCを食事で摂取すると、肝臓や腸などに吸収され、全て使われてしまいます。

その結果、目の下の皮膚までビタミンCが行き渡ることがないのです。

ですからビタミンCを活用するのは、食事ではなくクリームで直接皮膚にアプローチしていくのが一番効果的。

 

吸収されにくいビタミンC

上記ではビタミンCの入ったクリームで皮膚にアプローチしていくのが良いと説明しましたが、実はビタミンCは非常に吸収されにくい成分。

ですから、ビタミンCが入っている美容クリームを塗ったところで、浸透率が悪く全く意味がありません

そこで、使用するべきクリームは、ビタミンC誘導体配合のクリームです。

ビタミンC誘導体とは?

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

ビタミンC誘導体は、吸収されにくいビタミンCを吸収しやすく改良したもの。

色素沈着を薄くしながら、皮膚の生まれ変わりサイクルを促して行く成分。

このビタミンC誘導体であれば目の下の色素沈着に効率よくアプローチしていくことができるのです。

 

 

目元クリームがおすすめ

目元クリームには目の下のトラブルを改善できるように、色素沈着に効果があるビタミンC誘導体や、保湿成分など、目の下にとって嬉しい成分がたくさん含まれています。

これは、目の下専用に作られているからこそ必要な成分が含まれているのです。

ですから目の下に色素沈着ができてしまった場合は、目元クリームを使うことがおすすめです。

 

 

ハイドロキノンは危険

美白作用があると言われているハイドロキノンという成分をご存知でしょうか。

ハイドロキノンは色素沈着の原因であるメラニンの生成を阻害します。

たしかに、ハイドロキノンでメラニンの生成を阻害する事で、色素沈着を改善していくことができます。

ただし、メラニンは防衛反応によって生成されるものなので、体にとっては重要な意味があるので必要以上に阻害してはいけないのです。

あわせて読みたい記事

メラニンを阻害する事で体にとって大きな悪影響があります。

詳しくはコチラの記事で解説しています。

関連記事>>>目の下の色素沈着にハイドロキノンは効果的?危険性もあるので注意

ですから目の下の色素沈着はビタミンC誘導体が安全で効果的なんですね。

 

 

隠すのは一時的ならOK

もちろん、目の下に色素沈着ができてしまったら「絶対に隠すな」というわけではありません

当然、色素沈着したまま外出すると何だかくたびれたように見られてしまい、非常に印象も悪いですよね。
ですから、新しく皮膚が生まれ変わるまで薄く隠すのはOK

もちろんその間にもビタミンC誘導体が配合されている目元クリームを使用してケアしていかなければなりません。

要するに隠しながら治していくという事ですね。

ただし、メイクを落とすときにはゴシゴシ洗ってはいけません。
優しくゆっくり丁寧にメイク落としましょう。

sikiso 目の下の色素沈着を化粧で隠すのはダメ!その理由と適切な処置方法について

こうしていくことで、あなたの目の下の色素沈着はどんどん良くなっていくでしょう。

 

 

どのクリームを使えばいい?

では具体的にどのような目元クリームを使っていけばよいのでしょうか。

実は、ビタミンC誘導体が入っているものとクリームであれば何でもいいというわけではありません
しっかりとした選ぶ基準があるのです。

次のページではビタミンC誘導体が配合の色素沈着を改善する目元クリームを紹介しています。

効果や価格、そして今売れているものなど全て紹介しているので必ず参考にしてくださいね。

 

 

-目元の悩み

Copyright© 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説 , 2019 All Rights Reserved.