目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

いつまでたっても目の下のカサカサや赤みが治らない。

それ、今すぐ直さないとクマの原因になりますよ。

目の下は非常にデリケート

ここでしっかりと目の下のカサカサや赤みを治す方法を覚えていってください。

 

なぜあなたの目の周りはカサカサして赤いのか

ダメージの蓄積が原因

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

結論から言えばその赤みやカサカサは、目の下へのダメージが蓄積し、乾燥してしまっていたり、赤みがかっている事が原因。

メモ

普段通りの生活をしてしているだけでも、目元へのダメージはかなり蓄積してしまいます。

たとえば、毎日行うメイク。
これは目元へ摩擦を与えてしまい、ダメージを与えてしまっているのです。

それだけではなく、メイクをした後は洗顔をしますよね。
この洗顔時にも摩擦が起きてしまい、目の下が常に赤くなってしまったり、カサカサになってしまったりしているのです。

 

 

なぜダメージが乾燥を招く?

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

さきほどは、メイクによりダメージが蓄積してしまうと説明しました。

このダメージは摩擦によるもの。

摩擦はなぜ危険?

摩擦は、目元の表面の組織を破壊。

目元の組織が荒くなってしまえば、そこに隙間ができてしまいます。

その隙間から水分が蒸発してしまうのです。

特に目元の皮膚は非常に薄いです。

それだけでもダメージをかなり受けやすいのですが、さらに、皮脂(油分)を分泌する量が非常に少ない部分。

油分が少なければ潤滑剤が足りないということになり、それだけ肌へ与える摩擦が大きくなってしまいます。

それゆえ、特に目元はダメージを受けやすい部分なのです。

 

 

赤みの原因は?

皮膚が擦れると、当然ですが赤くなってしまいます。

ヒリヒリして痛いだけなら、そっとしておくだけで治りますが、毎日継続して目元への摩擦を与え続けることで、赤みが取れなくなってしまうことがあります。

メモ

赤みが取れなくなってしまう状態は、目元の色素沈着という症状。

別名「茶クマ」ともいいます。

 

色素沈着(茶クマ)の症状になってしまうと、そっとしておくだけでは治りません。

こうなってしまったら、しっかりと治す方法を実践していかなければ改善していきません。

治し方については後述。

 

 

目の下をカサカサさせない対策

目元のメイクを控える

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

目元がカサカサしてきたり、赤みが増してきたら目元のメイクを控えるのが一番です。

ですが、「ノーメイクで外出する」というのはなかなか勇気がいるものですよね。

ではせめてコンシーラーを使用するのだけは控えてください。

コンシーラーを使用するのは、目元メイクの工程が1つ増えることになるので、余計に摩擦を与えてしまいます。

ですからコンシーラーで赤みや茶クマを隠すのは少しの間だけやめて、治療期間を設けましょう。

もしくは、なるべく薄めに付けましょう。

目元の赤身の放置や色素沈着性の茶クマの治し方は後述していますので最後までお読みください。

 

 

メイクの取り方を改める

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

目元のメイクを取る際は、優しくと落とすようにしましょう。

特に目元の皮膚は非常に薄いので、頬と同じ力でこすってしまうと、何倍もダメージを受けてしまいます。

目元のメイクを落とす際は、時間をかけてゆっくりと優しく行うようにしましょう。

ダメージで目元がカサつくのはなぜ?

メイク落としの際に強くこすると、ダメージを与えてしまい皮膚に隙間ができて水分が蒸発してしまい、乾燥してしまうようになるのです。

刺激はそれだけでなく、色素沈着してしまう原因にもなりますのでご注意ください。

 

 

お風呂上がりのケアを大切に

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

風呂上がりは、その水分により潤っているように見えますが、それは一時的なもの。

お風呂上がりの乾燥の原因

お風呂上りは水分が蒸発する際に、もともとの水分も一緒に蒸発してしまうため、逆に乾燥を招いてしまうからです。

ですから、お風呂上りはクリームなどを塗って保湿するようにすると、目の下のカサカサを防ぐことができます。

 

 

目の下のカサカサと赤み対策

アイクリームが効果的

上記では目元に赤みができてしまう原因や、それが発展し茶クマになってしまうこと、そして目の下のカサカサの原因について解説しました。

そしてそれらを治すにはアイクリームが効果的です。

これはフェイスクリームではなく、目元専用に作られたアイクリームでなければなりません。

アイクリームでなければならない理由は、デリケートな目元に着目して作られているからです。

ポイント

目元は特に特殊な構造。

目元の油分の分泌が少なかったり、シワができやすかったり、頬などに比べ何倍もデリケートに扱わなければなりません。

そのデリケートな目元に効果的にアプローチできるようになっているのが、アイクリームなのです。

 

 

目元に必要な成分が満載

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

さらにアイクリームの特徴は、目元の色素沈着を改善する事ができるビタミンC誘導体を配合しています。

ビタミン C 誘導体でなければ、色素沈着を取り除くことは絶対にできません。

たしかに、ビタミンC誘導体を配合している美容クリームはたくさんあるでしょう。
ただしそれは目元専用に作られていないので、特殊な構造である目元に効果的にアプローチできません。

ビタミンC誘導体以外で、目の下の色素沈着を消す成分の代表格として挙げられるのがハイドロキノン。

たしかにハイドロキノンは強力ですが危険性もあるので、安全で効果の高いビタミンC誘導体のほうがおすすめです。

そして何といっても、アイクリームには保湿成分が含まれています。
この保湿成分により、目元のカサカサを改善する事ができるのです。

保湿成分の中で一番効果的なものはセラミド

次いで「コラーゲンやヒアルロン酸」にあります。

注意

ただしセラミドとコラーゲンとヒアルロン酸の間にはかなりの差がありますので、保湿をしたいのであればセラミド配合のアイクリームがおすすめです。

アイクリームを乾燥しやすいお風呂上りに塗ることで、さらに目の下のカサカサを効果的に改善していくことができます。

それだけではなく、アイクリームには油分が含まれているので、目元の摩擦を軽減する事にも役立ちます。

これにより、摩擦による色素沈着を防ぐことができるのです。

アイクリーム選びのポイント

  • ビタミンC誘導体で茶クマを改善
  • 保湿成分でカサカサ改善
  • 油分で摩擦を軽減
  • 保湿するならセラミド

 

 

カサカサ・赤みを放置すると色素沈着性茶クマの原因に

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

カサカサしている状態を放置していると、かさつきだけではなく、目元の乾燥しわを招いてしまう原因にもなるので早めの対策が必要です。

さらに、赤みを放置すると色素沈着(茶クマ)に発展しまいます。

このように、目元がカサカサしていてもしていなくても、目元のケアとしてアイクリームを1つ持っておかなければ、いつか目元トラブルに巻き込まれます。

逆に言えば、目元クリーム1つ持っているだけで今後目元のカサカサに悩まされることもなく、コンシーラーでわざわざ赤みを隠す必要もなくなります。

そして、茶クマの予防にもなるので、必ず目元クリームは持っておかなければならないのです。

 

以下では、おすすめのアイクリーム2つを紹介しています。

それぞれ高品質ですが、特徴がやや異なるので、あなたの目的に合ったアイクリームをお選びください。

 

 

目の下の赤みやカサカサを治すアイクリーム2つ

1.アイキララ

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

ココがポイント

医学誌掲載の目元クリームのビタミンC誘導体で茶クマを効果的に改善。

目元の色素沈着(茶クマ)に悩んでいるのであればこのアイキララがおすすめ。

その理由は、ビタミンC誘導体が配合されているからです。

そしてそのビタミンC誘導体が配合されているアイキララは、医学誌にも掲載されています。

ただし、保湿成分も含まれていますが、コラーゲンなので、やや保湿力に欠けてしまいます。

目の下のカサカサよりも目の下の色素沈着に困っているのであればこのアイキララがおすすめ

実績と成分、価格のバランスが高水準、なおかつ全額返金保証がついているので、安心して購入する事ができます。

 

アイキララの正規販売店へ

 

 

2.メモリッチ

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

ココがポイント

ビタミンC誘導体とセラミド、ハリ成分を含んでいて全ての目元トラブルを改善。

メモリッチはアイキララと同様に、茶クマを改善する成分であるビタミンC誘導体を配合しています。

さらに保湿成分はコラーゲンよりも何倍も保水力があるセラミド配合

なのでメモリッチは、色素沈着と目の下のカサカサの両方に対応する事ができます。

そしてそれだけではなく、目元のハリ成分(ペプチド)を含んでいるので、目元のたるみにも効果的にアプローチ。

ココがおすすめ

メモリッチに含まれているペプチドは、さらに効果的にアプローチできるように改良してあります。

それはアイキシルと言い、これを含んでいるのメモリッチだけ。

全ての目元トラブルに対応できるメモリッチ。

全額返金保証がついているので、こちらも安心して購入する事ができます。

 

メモリッチの正規販売店へ

 

 

アイキララとメモリッチはどちらがイイ?

menositakasakasa6 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説

上記で説明した2つのクリームをまとめると

  • アイキララ・・・ビタミンC誘導体、コラーゲン
  • メモリッチ・・・ビタミンC誘導体、セラミド、アイキシル

このようになります。

上記2つのクリームはどちらも、色素沈着を改善するビタミンC誘導体を配合しています。

はてな

ですが大きく違うのは、保湿成分です。

アイキララはコラーゲンで、メモリッチはセラミド。

もちろんセラミドの方が抜群に保水力が高いので、圧倒的にセラミドの方がオススメです。

 

さらにメモリッチに関しては独自のハリ成分も含まれているので、購入するのであればメモリッチの方が圧倒的にお得感がありますよね。

ですが、メモリッチは医学誌に掲載されているという実績がありません。

その点アイキララは、成分こそメモリッチに劣るものの、医学誌に掲載されているという実績があります。

 

どちらもビタミンC誘導体が配合されているので、特に目の下の色素沈着に特化したいのであれば、医学誌掲載の実績があるアイキララがおすすめ。

目の下のカサカサ改善、実績は気にしないという方はメモリッチがおすすめです。

 

 

まとめ

  • 色素沈着改善ならアイキララ
  • 保湿力を取るならメモリッチ

という選び方をしましょう。

どちらも一日80円程度で使うことができるので、コスパも抜群。

それでいてどちらも全額返金保証があるので、あなたの目的に合ったアイクリームもお選びください。

ただ1つ言えることは、アイクリーム1本持っておかなければ、今後さらに目元トラブルに巻き込まれることになります。

毎月のコストも全然かからないので、アイクリームは1本持っておきたいですね。

 

アイキララの正規販売店へ

 

メモリッチの正規販売店へ

 

 

上記では目の下のカサカサを改善するクリームを紹介しました。

以下のページでは「色素沈着を消すアイクリーム」を紹介しているので、色素沈着(茶くま)に悩んでいる方は、併せてごらんください。

 

 

更新日:

Copyright© 目の下のカサカサ・赤みの放置は色素沈着性のクマの原因!治す方法を解説 , 2019 All Rights Reserved.